長岡市医師会たより No.447 2017.6


もくじ

 表紙絵 「梅雨入り」 丸岡稔(丸岡医院)
 「俳句で綴る越の四季〜その1」 江部達夫(江部医院)
 「忠臣蔵異聞〜前編」 福本一朗 (長岡市小国診療所)
 「蛍の瓦版〜その33」 理事 児玉伸子(こしじ医院)
 「巻末エッセイ〜カリブ海クルーズ〜その1」富樫賢一(悠遊健康村病院)



「梅雨入り」 丸岡稔(丸岡医院)


俳句で綴る越の四季〜その1  江部達夫(江部医院)

 日本列島は温帯にあり、はっきりした四季がある。四季は自然、農漁業や人々の日常生活に、その折々の変化をもたらし、多様な文化を生んで来た。
 越新潟は日本列島の中央に位置し、県境は高い山で囲まれ、三百キロメートルの海岸線で日本海に面している。そのためか気象は北陸や関東、東北と異なっている。
 冬には雪が多く、梅雨の降水量は少ない。時には降り過ぎた雪や、梅雨の終りの豪雨が雪害や水害をもたらすこともあったが。
 越新潟は農業県、「魚沼のコシヒカリ」は日本一旨いお米、雪のおかげだ。新潟のお酒も旨い。上質の酒米が穫れ、水質も良く、なによりも冬の寒さが酒造りに合っている。
  私はこの越に生まれ育ち、八十年になった。越以外の地での生活はなく、越の大自然の中での生活を楽しんで来た。
  古稀を過ぎて詠み始めた俳句、師事もせず一人で楽しんで来た。越でのこれまでの暮らしを思い出すまま、各季節毎にまとめ綴ってみた。

 日本の四季では、春は二月四日の立春の日から五月五日立夏の前日までだ。平成二十九年の春は私には八十回目の春。年古るにつれ季節季節にに思い出が残り、積もって行くが、忘れてしまったものも多いだろう。しかし若い頃に体験した事は今でも鮮明に記憶に残っている。
 春は命にあふれ、躍動感がみなぎり、大自然からの恵みが多くなる季節だ。
 二月は初春の候。立春の頃、関東では梅が咲く季節、越はまだ真冬の続きだ。気象台の統計によると、日本の各地で最も寒かった日は大寒から一月末に多く、新潟は一月三十日、もう春隣りだ。
 八十年間越で暮らした私の実感では、寒さが最も厳しくなるのは二月上旬ではなかろうか。地吹雪で国道や高速道に交通規制がかかり、水道管が凍り断水となり、屋根に大きな氷柱が出来るのは二月が多かった。しかしこの現象も近年の温暖化で無くなって来ている。

寒明くも越は真冬のままにあり

水道も凍てつく寒さ越二月

立春も過ぎて七日の猛吹雪

春寒し道行く人の息白く

 二月半ばになると三寒四温(晩冬の季語)の候に。晴れた日が続き、日中の気温が上がっても、夜は放射冷却で冷えこむ。朝の風は服の上から肌を刺し、水仕事は手がまだ凍える。
 積もった雪の表層は昼の日射しで解け、夜の冷えこみで凍り、朝はバリバリに。子供の頃、この上を歩いて学校に行った。
 冷えこみの強い朝、透き通る青空から、小さな雪が舞い降りてくる。遠くの山に降った雪が風で運ばれてくるのだ。

春浅し水面を渡る風凍る

真鱈切る手に伝わるは余寒かな

登校の子ら凍み渡り戻り寒

散る花と見まがう風花青き空

 長岡に「ゆきしか祭り」と云う行事がある。二十年前から雪起こしとして始まった祭り、二月第三土、日曜日に開かれる。
 この祭りの売り物は雪山遊びと夜の花火大会。広場にダンプカーで雪を運んで来て、大きな雪の山を作り、子供達の遊び場に。

雪が舞う火の粉も舞うや大花火

うず高く積みし雪山子ら滑り

 ところで祭りの名の「ゆきしか」、昔から長岡には冬、田に積もった雪を集め、大きな雪山を作り、稲わらで覆い、夏まで貯蔵し、魚屋や家庭に切り売りしていた商売があり、その店の屋号が「ゆきしか」であった。私の通っていた小学校の近くに雪山があり、戦後昭和二十年代中頃には製氷屋に変わり、雪山はなくなった。
 二月も末になると温かくおだやかな日和が多くなる。日本海の荒波も静まり、浅瀬の岩場では岩海苔摘みをしている姿がある。私もかつて摘みに行った。新鮮な岩海苔、茶漬けで食べると絶品だった。

岩海苔を摘む母子あり春の海

 日脚が伸びた夕暮の空を、クックッと声を立てて白鳥が群れ飛んでいる。夕暮の信濃川、南西に沈む日が水面を赤く染めている。二月ならではの光景だ。

旅立ちの支度か白鳥群れて飛び

沈む日に大河燃え立つ越二月

 三月中春の候になると、越はようやく春めいて来る。雪解けも進み、梅の花が咲き、里山は新たに息吹き始める。しかし、三月初めには昔から春の寒波がやって来て、越は一晩で三十センチの積雪をみることもあった。三月三日は雛祭り、かつては国立大学一期校の試験日で、東京は雪のため受験に遅れたりするトラブルも多々発生した。

春雷がもたらす今朝の大雪や

寒き夜はいかに過ごさん段の雛

 三月は猫たちの恋の季節。飼い猫は家に閉じ込められ、のら猫も殆どいなくなった街では、昭和の時代によく聴かれた雄猫の耳に突きさすような恋の歌は聴かれなくなった。

おぼろ夜に春を迎えし猫の声

 三月は私には山遊びの始まりの季節。雪のしまった里山を歩くスキーをはいての散策だ。目的は冬に弱った足腰の鍛錬とヒラタケ採りだ。
 木々の太い幹は太陽の熱を吸収し、貯めておくので、真冬でも樹木の囲りの雪は解けているが、陽射しが強くなり出す春は、急に大樹の周りの雪解けは早まり、大きく開け出し、やがて地表が現れて来る。

雪解けは静かに木々の回りから

木々根明け日々に広がる里の山

 雪解けが進むにつれ、村里を流れる川は日毎水嵩(かさ)が増し、瀬音も激しくなる。カジカは浅瀬へと寄って来る。男達はカジカ捕り専用の網でカジカを捕っている。この時期のカジカ、卵をおなか一杯抱いており、竹串に刺し囲炉裏で焼いて食べると卵がおいしい。カジカ酒が旨い。
 山里はまだ寒くカジカ捕りをやっていると雪に変わる日もあり、時雨れることもある。しかし男達は夢中でカジカを追っている。この光景、平成の世になると関川村では殆ど見られなくなったが、カジカ好きの私のために、私が出かける時には串焼きのカジカは何時も用意されている。

日々瀬音増しくる川や里の春

カジカ捕る手に春の雪落ちて解け

温かさほのかにありか春時雨

旧交をあたため合うやカジカ酒

 彼岸の頃晴れた日の夕方、車を三十分走らせ海岸によく出かける。太陽が海に沈んでゆく光景が好きだ。海は赤く燃え立ち、日は落ちても佐渡の雪山はしばらく赤く映えている。
 海岸まで来る途中、百五十メートルの山を越えてくる。山の中は雪がまだ残るが、山に続く里の田は雪は消えている。黒い田の畦にはフキノトウが顔を出している。

日は沈む佐渡の雪山赤く染め

里山は残雪里の田は黒く

雪消えの黒き畦にはフキノトウ

 三月博多に出かけると水炊きと一緒に注文する料理がある。踊り食いだ。シロウオ(素魚)を生きたまま丸呑みする料理だ。鉢の中に泳いでいる一寸ばかりのシロウオ、ハゼ科の魚で、春産卵に海から川に登って来る。それを河口で捕らえる。そのシロウオ、酢醤油につけ一気に呑み込む。ビールと一緒に一気に呑もうとし、ビールに入れたとたん浮いて来た。酸欠だ。
 新潟ではこの魚をイサザと呼び、桜の季節に県内あちこちの川に登って来るようだが、漁をする人は少なくなった。私は毎年三面川を登るイサザを踊り食いと炊き込みごはんで楽しんでいる。漁獲量が少なく、今や一合一万円はする高級魚だ。

一寸の魂呑み込むおどり食い

 三月初めはまだ山の雪解けが進まず、信濃川の水量も少ない。流れも弱く、川のよどみに鴨たちが集まって来る。その数日々に増し、百羽、二百羽の集団があちこちに。えさを採りに行く様子もなく、ゆるやかな流れの中で遊んでいる。シベリアに帰るための準備、冬の間皮下に溜まり過ぎた脂を落とし、旅立ちのため体重を減らしているのでは。
 三月下旬、雪解水で川が増水して来ると、鴨たちは一斉に北へ向かって旅立って行くのだが、どの群の中にも数羽は川に残ったまま。体をどこか痛めているのだろう。しかし何時の間にかいなくなる。遅れて旅立って行くのだ。
 彼岸が終わっても越にはまた寒さがやって来る。冷えの強い日は雪が舞うことがある。春の雪、大きな雪でゆっくりと舞うように降って来る。

診察の手休め眺む春の雪

風に舞い庭木とたわむる雪の花

 四月は晩春の候だが越はこれからが春本番。木々の芽は急に伸び出し、野山には早春の花が一斉に咲き始め、山菜は旬を迎える。
 冬の間は体の動きも鈍かったが、桜の開花に合わせるかのように私は活動的になる。カレンダーのスケジュール欄は予定がいっぱいに。

囲い取れ木々のびのびと春日浴び

 冬囲いの取れた庭の木々、色々な鳥たちがやって来る。ウグイスは花のまだ咲かぬ桜の枝から枝へと飛び廻っている。

聴診を止めて聴き入る初音かな

 四月の天候はまだ安定せず、雪をもたらす寒波がまだやって来る。寒波は一夜で通り過ぎ、花は一気に開く。花の盛りにまた寒波が来て花冷えになったりする夜も。

催花雨もみぞれに変わる春寒波

開かんとする花萎ます雪の果

先ず一輪咲きたる知らせ庭に出て

花満つも雨恨めしき一人酒

夜桜も盛りは過ぎて春炬燵

 四月は朝の目覚めも早くなる。五時には家を出て山に向かっている。吾が家から車で十分も走れば、山菜の豊富な長岡郊外の里山に。私しか知らない穴場があちこちにある。
 休日には関川村に出かけている。ここは山菜の宝庫、五十年間歩いて来た所だ。春の山は天候も変わり易い。全天候型の仕度で深い山にも入っている。地に生える山菜は沢沿えに、木に生えるものは尾根すじに多い。

御仏と拝みし花やザゼンソウ

雪消えし沢はワサビの花で満つ

雪解けの渓はウルイの緑映え

モミジガサ雪消え待たず赤き芽を

コゴミ摘む春のみぞれに手は凍え

尾根のタラ一番芽早摘み取られ

 長岡郊外の里山、雪解け水を湛(たた)えた沼があちこちある。冬は鴨がやって来ている。三月末には鴨は北へと立って行く。この沼の囲りにはコシアブラやタラ、キノメ(アケビの新芽)などの山菜がたくさんあり、沼は蛙たちの産卵場となる。

鴨立ちて沼は蛙の恋の場に

 春の終わりに山深く入ると、山桜が盛りとなり、楓(かえで)の若葉は秋を思わせる紅葉で一際美しい。遠くの?林は紫に煙って見える。

紅葉と見まがう楓の若葉かな

紫に山染め上げるの萌え

行く春を惜しみて下る里の山

 足腰の弱って来た昨今、後何回春の山行を楽しめるか、夏、秋にゴルフ場を歩いて鍛えるつもりだ。芝の上に寝そべり見上げる晩春の空は美しい。

大の字に空見上げやるみどりの日

 明日からいよいよ夏だ。

 

目次に戻る


忠臣蔵異聞〜前編   福本一朗(長岡市小国診療所)

 元禄15(1702)年12月15日未明、本所の吉良邸において赤穂浪士の討入りがあった。2時間の激闘の末、仇・吉良上野介を討ち取って、泉岳寺の浅野内匠頭の墓前に首を供えた。この元禄赤穂事件を、江戸庶民は太平の世に珍しくすがすがしい義挙と喝采し、また四十七士を武士の鑑として誉め称えて泉岳寺に祀り、現在でも参拝者が絶えない。この討入りの日、吉良邸の周りでは町人たちが普通に歩いていて、かなりの数の支援者や見物人がいたという(堀部安兵衛の従兄弟佐藤條右衛門の手紙による)。しかし武士の間では、当時から幕末まで“赤穂浪士は義士か否か”という大論争が続いていた。
 赤穂市に隣接する兵庫県姫路市は筆者の故郷であるが、義士達の血縁者の子孫という友人達も多く、艱