長岡市医師会ホームページ


こどもの急病・事故


製作:新潟県  監修:新潟県医師会

(※新潟県のホームページに掲載されているPDFファイルの内容を転載したものです。)


< も く じ >

上手な受診のしかた
 1.お子さんの様子を観察しましょう
 2.かかりつけ医(ホームドクター)を持ちましょう
 3.できるだけ昼間に受診しましょう
●気になる症状
 1.発熱
 2.けいれん(ひきつけ)
 3.せき・喘息(ぜんそく)
 4.嘔吐
 5.腹痛
 6.下痢
●けが・事故
 1.誤飲・窒息 2.打撲 3.やけど 4.切り傷・すり傷 5.溺水(おぼれた時) 6.鼻血 7.異物が入った
●薬の上手な使い方
 1.薬の正しい保管のしかた
 2.事故・中毒をふせぐために
●救急車を呼ぶ時は
 1.まずは落ち着いて
 2.伝えるべきこと
 3.救急隊の指示を守る
 4.医師からもらっている薬があれば、必ず持って行く


上手な受診のしかた

■お子さんの様子を観察しましょう
 お子さんの異常に気づいた時は、よく様子を観察しましょう。医師はお母さんの話を聞いたうえで診察し、いろいろな病気の可能性を考えて必要な検査をします。
 「食欲はあるか」「熱はあるか」「機嫌はどうか」「下痢はどうか」、また、「いつ頃から症状があるか」「今までかかった病気はあるか」「(他の病院にかかっていれば)薬はどんなものを飲んでいるか」など、要点を簡潔にまとめておくと良いでしょう。

■かかりつけ医(ホームドクター)を持ちましょう
 お子さんの様子は成長とともに変化します。それらの変化を把握し、何でも相談出来るかかりつけの医師(ホームドクター)を持ちましょう。
 他の診療科や、総合病院での受診が必要であれば、かかりつけ医に紹介してもらえます。まずは、かかりつけ医に相談し、医療機関は適切に受診しましょう。

■できるだけ昼間に受診しましょう
 診療には、医師だけでなく看護師、検査技師、薬剤師など多くのスタッフが関わっています。昼間の診療時間内には、これらのスタッフが揃っているので、検査、投薬などもスムーズに受けられます。すぐに救急外来を受診しなくてもよい時は、通常の、昼間の診療時間に受診しましょう。

 「夜間の方がすいているから」「昼間は仕事があるから」などの理由で、軽い症状でも病院の休日や夜間の救急外来を受診する方が増えています。このため、救急外来が混み合い、本当に重症で救急対応が必要な患者さんの診察が遅れるなど、重大な結果を招きかねません。休日や夜間の救急外来は、本当に必要な時のみ利用するようにしましょう。
 また、救急外来では、数日分のくすりを出すことはまずありません。必要であれば、昼間に小児科を受診しましょう。


気になる症状「発熱」

■こどもの普段の体温を知っておきましょう
 乳幼児・小学生の体温の正常範囲は、おおむね37.4度くらいまでです。その範囲内での体温の上下は大丈夫。さらに、日頃からお子さんの体温(平熱)を知っておけば安心です。
 体温の正しいはかり方…体温のはかり方には何通りかありますが、最もポピュラーなもの「腋の下ではかる腋窩検温」を紹介します。

 まず、汗をかくことを考えて
体温をはかる前に腋の下を
タオルなどで拭いておきましょう。

 腋の下のくぼみに体温計の先端を当てたら
腕を自然なかたちで下げさせます。

■しばらく様子をみても大丈夫な場合 … きげんがよいとき  食欲があるとき

■家庭での対処法
 腋の下や首筋などに冷えたタオルなど(ビニール袋に入れます)をあてて、冷やします。ただし、冷やしすぎには注意すること。直接エアコンなどの風を当ててはいけません。熱が高くても寒気のある場合(顔が青白い、手足が冷たいなど)は、逆に一枚多く着せてあげましょう。
 水や湯冷まし、薄めたイオン飲料などで、水分を補給しましょう。
 安静を保つようにしましょう。

■すぐに受診が必事な時
 ・4か月未満の赤ちやんが高熱(38度くらいが目安です)を出した時
 ・きげんが悪く、食欲もない時
 ・意識がはっきりしない時
 ・顔色が悪く、呼吸が苦しそうな時
 ・けいれん(ひきつけ)を起こす時
 ・嘔吐や下痢が激しく、何度も続く時

気になる症状「けいれん(ひきつけ)」

■まずは落ち着いて!
 けいれんはこどもの約5〜10%が経験すると言われています。短いけいれんなら命に関わることは滅多にありません。けいれんの原因が脳炎や急性脳症でない限り、後遺症が残ることもまずありません。
 まずは落ち着いて、「けいれんの様子」「熱の有無」「けいれんしていた時間」等を観察してください。メモをとるとなお良いでしょう。診察の時の大事な情報です。
 呼吸の確保のために着衣をゆるめ、吐いた物が気管に入らないよう、体を横にしてあげてください。

 お子さんを揺すったり、名前を呼び叫んだりといった刺激は逆効果。とにかく落ち着いて、冷静になることが大事です。

■しばらく様子を見ても大丈夫な時
 発熱によるけいれん(熱性けいれん)…体温が急激に39度くらいに上がった時に起こりやすいけいれんです。普通は5分以内に収まり、しばらく眠ってから目覚めます。あまり心配はありませんが、落ち着いたら通常の診療時間に小児科へ。
 泣き入りひきつけ(憤怒けいれん)…はげしく泣いたり、かんしやくを起こした後などに、顔色が青ざめて息が止まったようになり、ひきつけを起こすことがあります。1分くらいで収まり、自然に回復するので心配ありません。

■すぐに受診が必事な時 〜救急車を呼んでください〜
・熱がないのにけいれんを起こした時
・けいれんが治まって1時間以上たっても、意識が戻らない時
・短時間に何度もけいれんを起こす時
・けいれんの後に繰り返し嘔吐する時
・体の片側だけ強くひきつける時  など

気になる症状「せき・喘息(ぜんそく)」

■喘息とは
 
喘息とは、気管支の内側にダニやほこり、食品などによるアレルギー反応が起こり、腫れ上がって気道が狭くなるため、呼吸が苦しくなり、はげしい咳などの症状が出る病気です。
 発作の誘因としては、他に「天候」、「季節」、「体調」、「ストレス」などがあります。
 発作が起きたら、水分を充分摂らせること。痰(たん)が切れやすくなります。
 小さいお子さんには難しいかも知れませんが、痰(たん)が出てきたら、飲み込ませないように吐き出させてください。
 発作時のくすりを医師からもらっていれば、指示されたとおりに使ってください。発作がおさまれば、昼間に医療機関を受診しましょう。

■しばらく様子をみても大丈夫な時(通常の診療時間に受診しましょう)
 
・全身状態が良く、元気な時
 ・のどが「ゼイゼイ」鳴っているが、呼吸が苦しい感じがない時
 ・咳が出ても食欲があり、遊びもするし、熱もない時

■すぐに受診が必要な時 〜かかりつけの医療機関へ行くか、救急車を呼んでください〜
 
・顔色が悪く、呼吸が苦しそうな時(チアノーゼ)
 ・息を吸う時に、肋骨の間や鎖骨の上、のどの下がへこむ感じの時(陥没呼吸)
 ・はげしい咳をした後、息をヒューッと吸い込む時
 ・呼吸が困難で、横になることもできない時
 ・犬が吠えるような、かん高い咳をする時
 ・くすりを使っても喘息の発作が治まらない時

気になる症状「嘔吐」

■家庭での手当て
 
吐いた物が気管に入らないように、体を横にしてあげてください。

 吐き気が落ち着いたら、水分補給のために湯冷ましやお茶、イオン飲料を薄めた物などを少しずつ飲ませましょう。
 食事は消化の良い「おかゆ」や「うどん」などを少量から与え、乳製品や油の多いものは避けましょう。

■しばらく様子をみても大丈夫な時
・吐いた後、ケロッとしている時。咳をしているお子さんが、飲みこんでしまったタンが胃に溜まって吐くことがあります。その場合は、吐いた物にタンが混じっているので分かります。吐いた後は機嫌がいいです。
・下痢、熱などがなく、全身状態がよい時

■すぐに受診が必要な時
・嘔吐と下痢を繰り返す時
・おしっこが半日くらい出ず、唇や舌が乾いている時
・吐いた物に血液が混じっている時
・はげしい腹痛や頭痛を伴っている時  など

気になる症状「腹痛」

■腹痛のサインは
 
わけもなく繰り返し泣く、足をおなかに引きつけて泣く…こんな時は、腹痛を疑ってみてください。

■しばらく様子をみても大丈夫な時
・きげんが良い時
・唇や舌が乾いていない時

■すぐに受診が必要な時
・顔色が悪く、ぐったりしている時
・元気が無く、ゴロゴロばかりしている時
・おなかを触ると激しく痛がり、苦しむような時
・発熱や下痢、嘔吐を伴う腹痛の時や、血便がある時は要注意です。(腸重積の場合があります。)

気になる症状「下痢」

■家庭での手当て
 
水分補給のために湯冷ましやお茶、イオン飲料を薄めた物などを少しずつ飲ませましょう。ただし、ジュース、アイスクリームなどの冷たいものは、腸を刺激してますます下痢をしてしまうので注意しましょう。
 お尻がかぶれないよう、シャワーなどで洗ってあげましょう。
 家庭内での感染防止のため、手洗いや排泄物の始末に注意しましょう。

■しばらく様子をみても大丈夫な時
・全身状態が良く、元気で、食欲がいつもと変わらない時

■すぐに受診が必要な時
・便に血液が混じっている時や、頻回の水様便の時
・はげしい腹痛や嘔吐を伴う下痢の時
・脱水が強く、唇や舌が乾いている時